くみちょうの道草日記

日々の事、投資、政治、経済などを日記的に書いていこうと思います。
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.05.06 22:42|カテゴリ:育児コメント(0)

幼い子供が風邪を引いたときの、応急手当


今日で、短い休みが終わってしまいました。

今年は、1歳の娘が風邪ひいて、発熱・咳のため当初予定していたスケジュールがすべてキャンセルになり、ひたすらひきこもり生活でした。

さて、そんな風邪ひき真っ最中の幼い娘の咳があまりにもひどく、夜中にたびたび目を覚ますので、なんとか緩和策が無いかネットで調べてみました。

その中で実施した内容を書きますので、もしご身内で風邪の方がおられたら、一度お試しになってみてはどうでしょうか。ただし、あまりにも咳がひどいようなら、お子様が気管支炎などになりかけている可能性もありますので、救急でも構いませんので早めに病院で受診されるべきと思います。あくまでも、下に書く内容は、病院に受診された後、薬などを飲んだうえでの補足的な内容とご理解ください。




こいのぼり



実施内容その1
枕を高くし、気管の通りをよくする。
風邪を引いたときに、咳や鼻水などで気管が狭くなり、苦しくなるそうです。
これを緩和するために、枕を高くするのがよいそうです。

ネットで調べて、実施したのちにお医者様に伺ってみましたが、ある程度の効果はあり、実際におすすめされているようです。



実施内容その2
室内の湿度を60~70%に加湿する。
風邪を引いたときには、乾燥をするのをさけるべきだそうです。そこで加湿器で加湿したり、濡れたタオルを干したりするのがよいそうです。


実施内容その3
こまめな水分補給。
口内が乾燥する事も要因の一つで咳が出るので、こまめに水分を飲ませてあげます。



とまあ、こんなところですが、大したことしてないですね。
調べた中には玉ねぎのスライスを食べたり、枕元に置いておくのがよいというのもありましたが、幼い子供にスライス玉ねぎだけを食べさせるのもなんだかなぁ~というのと、頭の上に玉ねぎがぶらぶらしているのが、個人的に耐え切れそうになかったため今回は実施しませんでした\(゜ロ\)(/ロ゜)/


どなたか実施して効果がもしあるようならご一報ください(^◇^)


しかし、いくつか実施しましたが、やはり早めにお医者様に見てもらうのが一番です。
子供の訴えている事がわからずに、悪化して気管支炎や肺炎、さらにひどくなって入院とかになっても子供がかわいそうですし、親として子供の苦しむ姿を長くみるのもつらいですしね。

さて、私も風邪がうつってしまってトンデモな休みでしたが、明日から仕事です。休みボケと病気ボケでポカをやらないように仕事頑張ってきます。皆様も頑張りましょう。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

くみちょう

Author:くみちょう
このブログは、管理人クミチョウが
日々の事、投資、経済、政治などを日記的に書いていこうと思います。


自分がその時何を感じ、どう思っていたのかを
振り返る為の日記的要素が強くなるので、
ココを覗いて、1人でも多くの方に共感して頂けると嬉しい限りです。

アクセスカウンター
日々感じた事、投資や政治などを日記的に綴っていこうと思います。宜しくお願いします。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。