くみちょうの道草日記

日々の事、投資、政治、経済などを日記的に書いていこうと思います。
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.27 21:15|カテゴリ:投資コメント(0)

副収入について ( アフィリエイト・ドロップシッピング )


今回は、アフィリエイト・ドロップシッピングについての考えを述べます。


ぶっちゃけ世間一般に出回っている
「簡単」・「誰でも」・「短時間で」
というキャッチフレーズに踊らされてやっても、
十中八九成功はしないと思います。
特に自分のブログにペチッと張り付けただけのサイトではとても難しいと思います。

でも、今までやった事も無いのに「ダメ!」というのもアレなんで、
一度やってみようかと思います。
やみくもにやってみても間違いなく失敗するので
とりあえず対策を練ってみましょう。


【分析】
アフィリエイトやドロップシッピングは
実社会で言うところの『販売店』に位置するように思います。
というよりも、ぶっちゃけてしまうと立場的には販売店よりもさらに下。
扱いはえげつないくらい下。
感覚的には新人で入ったばかりの保険のおねーちゃんくらいのイメージ。


なぜなら、
1.一般消費者(お客さん)を斡旋して斡旋先で購入につながらないと収入無し。
アフィリやドロップはお客さんを卸問屋に斡旋して、
その卸問屋で商品買ってもらって初めてマージン貰えるような感じがほとんど。自分でアピールしても斡旋した卸問屋がいまいちだと購入につながらん。


2.顧客情報が手に入らない。
すでに商品を買ってくれているお客さんは、
次も買ってくれる可能性の高い上客なのに、
お客さんを卸問屋に斡旋する為、顧客情報が無い。
その為、自分で斡旋して購入してくれたお客さんなのに広告打つ事もできない。
っという事はフォローもできんし、次の購入につなげれない。


3.上記2に絡むが、常に新規のお客さんを取り込むしか儲ける事ができん。
理由は上記2の通りで、リピータを手に入れにくい。


4.訪問者の数を増やさないと儲ける事はかなり難しい。
ある通販サイトなどでは、
購入者になる人は、
ホームページに訪問する人のうちの100人に1人の割合(訪問者の1%が購入者)らしい。

そこから考えると儲けれるサイトは、
訪問者を大量に獲得できるページであり、
SEOなどのサイトの構成もしっかりしてる必要がある。


【商品がお客さんにたどり着くまでの流れ】
一般流通:
一般流通



アフィ・ドロップシップ:
アフィリエイトイメージ



【結論】
と、いうわけで、
たまたま『誰か』が
『自分のサイトで紹介している商品』を
『自分のサイト経由』で
『卸問屋で購入』してくれて
偶発的に数百円程度の小遣いは稼げる事はあるかもしれん。
しかし、その買ってくれた人のリピート性を生むサイトを構築しない限りは継続的に稼げません。
しかもある程度ホームページなりブログに人数を集客したうえで初めて成立する。
以上から、まとまった金額にするのは困難です。


いや~、この仕組み考えたやつすげーな。
アフィリエイターとか、この辺わかってやってんのかなぁ。
普通に考えたらえげつない仕組みやのに・・・。



と、言う事でやらない・・・となると、
「やってみよう」と決めたのに意味が無くなるので、
その中でもどうやったら稼げるのかを考えてみたいと思います。


『ぶっちゃけ稼げるようになるには実際のショップ運営クラスのノウハウ・スキルがいるんぢゃね~のか?』
とか
『アフィリやドロップで稼げるぐらいになるならネットショップやった方がよっぽど効率いいんぢゃね?』
などと考えますが、
その辺の事はおくびにも出さずに考えていきまっしょい。


【1.自分のサイトを経由して買ってくれるようにする】
ぶっちゃけアフィリであろうとドロップであろうと自分のサイトで商品を紹介して、
別のショップに一般消費者(お客様)を流して、
そのショップで買い物をさせてる限り、
次からはアフィリサイトを経由せずに、
お客さんはそのショップで直接買い物しよるので、
アフィリサイトは常に新規の客を取らないといけないので、
労が多く益少ないのでやる意味が無い。


そういった中で唯一可能性があるとするならば、
アマゾンの書籍や大手ショップ(DMMなど)のアダルト関連商品のPRしかないんぢゃないかと思う。


と、いうのもアマゾンとかなら顧客情報つかんでも、
特定のターゲットの趣味・嗜好に合わせた本などをピンポイントでアピールしにくい。

どういう事かと言えば、
アマゾンのような大きな販売元になると誰にでも受け入れられそうな文章の紹介しかできない
(というか、
ピンポイントアピールせんでも売れるから、
細かいとこまで金かけてアピールする必要が無いし、もっと他に金使うわな)。

ならば自分のとりうる戦略は、
そんな誰がターゲットなのかわからない商品アピールよりも、
専門的な顧客狙い撃ちでアピールしたアフィリサイトにする。
そうする事で次も自分のサイト経由で買ってくれる可能性が当然高くなる。


ただし、
日常的に使うような消耗品なんかは性質が悪い。
ショップにお客流したら、次からうちのサイト経由する意味無くなる。
どういう事かというと、
消耗品って、購入するお客さんも、
次も購入する必要があるってわかるので、
ショップをインターネットのお気に入りに登録したりするわな。
そうすると当然、うちのサイト経由してくんない。


そうせんようにするには、
『お得な情報を与えて、それを元に商品買ってもらって、それで収入を得よう。
んで次もお得情報用意してるから、またうちのサイト経由してね~』てスタイルに行き着く。



【2.ターゲットを絞り込む】
んで上記1を踏まえて考えると、以下のものが簡単ではあるが挙げれます。
  (1)団塊の世代を狙い打ちの商品
    関連:趣味(旅行・写真・ガーデニング・登山・スポーツなど)・医療・年金・介護・老後・子供世帯・孫など

  (2)通常のお店では【恥ずかしくて】買いにくい商品
    関連:アダルト関連(DVD・グッズ・ゲーム・書籍など)・下着(ランジェリー・補正下着)など

(3)通常のお店では【しんどくて】買いにくい商品
    関連:お米・飲料品・食料品・趣味のもの(ex.ガーデニングなら「土」など)など

それぞれつっこんで考えてみると、

「(1)団塊の世代を狙い打ちの商品」は、
『まず根本的に団塊の世代ってネットで買い物するのか?』
という疑問が当然出てくる。
パソコンに不慣れな人が多そうなイメージが強くあるので、
他の人も当然そう考えていそう。
よって、みんながチャレンジしそうにないならライバル少ないし、
やってみる価値あり。
気をつける点として年寄りにわかりやすいように心がけるってのを念頭にやってみよう!
また、年寄りならば一度気に入ったサイト経由したら次もそこから買ってくれそう。(他のサイト探して買いに行くってのをしなさそう)
と、言う事でこいつは実行する方向で行きます。


「(2)通常のお店では【恥ずかしくて】買いにくい商品」は、
ライバル多すぎるなぁ~。
ちょろっと検索かけただけでもごろごろ出てくるし、
こいつはちょっと保留です。
他のをやってみてうまくいきそうならそのノウハウ活かして再度検討してみます。


「(3)通常のお店では【しんどくて】買いにくい商品」についてやけども、
リピート商品(俗にいう消耗品)は、
先にも述べたが、
次からの購入はうちのサイト経由をしなくても
購入者にとって特に問題無いので、
次からは直接ショップに買いに行ってしまうやん!!
だめぢゃん!!
アフィリ・ドロップの弱点もろ出し状態ぢゃん!!
これじゃ意味無いぢゃん!!

ターゲットはめっちゃ広い
(じっちゃん・ばっちゃんもターゲットになるし、
中年世代もターゲットにできる。
さらに若い世代でも小さい子供がいるような世帯は奥様外出しにくいからターゲットに出来る。)ので、
明確に絞ったターゲット設定はやりやすいとは思うけど、
自分のサイトを経由してくれんのなら徒労に終わってしまうので、
これも当面やんない。
消耗品でもいろんなのあって、
例えば衣服ならアピールできるんぢゃね?って
言う人いるかもしれんけど、
服装は組合せと好みのブランドなんかがいっぱいあって絞るの正直面倒。
そこまでやるならネットショップを実際に運営した方がメリットあるので、
アフィでやる必要ないと考えるので私はやんないです。


以上を踏まえて当面は、
団塊の世代を狙い打ちで
専門的なアピールをしたアマゾンの商品を
案内するサイトを作成してみようかと思いまっする。

どうなるやろね~。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

くみちょう

Author:くみちょう
このブログは、管理人クミチョウが
日々の事、投資、経済、政治などを日記的に書いていこうと思います。


自分がその時何を感じ、どう思っていたのかを
振り返る為の日記的要素が強くなるので、
ココを覗いて、1人でも多くの方に共感して頂けると嬉しい限りです。

アクセスカウンター
日々感じた事、投資や政治などを日記的に綴っていこうと思います。宜しくお願いします。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。